顔美人の会がお伝えしている「美しい顔」とは?

「美しい顔」とは、調和のとれた顔です。



不調和は、顔に大きく見えるところと、小さく見えるところから生まれます。

顔に大きく見えるところ、小さく見えるところ ?

顔は、パーツのある位置によって異なる顔に見えます。

 

 

顔分析®︎では、六心顔 (ろくしんがお)と言います。

 

 

顔分析®︎メイクでは、化粧の色の強弱と動きによって、顔に大きく見えるところと、小さく見えるところを調和させ、希望の顔に近づけます。

 

 

そして、顔分析®︎では、「内心:ないしん」「外心:がいしん」という言葉を使います。

 

 

これは、方向性を示しています。

内に向かうものは「内心:ないしん」

中心に集まっている顔は「内心顔:ないしんがお」

上に集まっている顔は「上心顔:じょうしんがお」

斜め上に集まっている顔は「上方心顔:じょうほうしんがお」

外に集まっている顔は「外心顔:がいしんがお」

下に集まっている顔は「下心顔:かしんがお」

斜め下に集まっている顔は「下方心顔:かほうしんがお」

顔美人の会がお伝えするメイクの考え方

顔に大きく見えるところと、小さく見えるところを美しくみせるための、メイクの順番・色の強弱・ブラシの動かし方によって、調和させる顔分析®︎カルテを作ります。



このカルテは、一人一人の今の顔を診断し作ります。



例えば、内心顔の方と外心顔の方では、ポイントメイクの強弱も異なります。

内心顔の方は顔のパーツが中心寄りなので、アイシャドウやチークのグラデーションは外側に濃く色が出るようにのせます。



外心顔の方は顔のパーツが外寄りなので、アイシャドウやチークなどのグラデーションは内側に濃く色が出るようにのせます。



こうして、顔を美しくみせるための、メイクの色の強弱と動きによって、顔に大きく見えるところと、小さく見えるところを調和させるのが顔美人の会がお伝えするメイクの考え方です。

調和のとれた顔にするメイクのコツはこちら

◆ 無料メールマガジン ◆

7日間で いくつになっても「綺麗だね」と褒めらるコツを学べる無料メールマガジン配信中です。