鏡に映った顔にシミが出来ていたら、ショックですよね?

シミが出来ないようにしたいと考えているなら、顔を洗う時やタオルで拭く時に、肌をゴシゴシ強く触らないことがおすすめです。

私は、顔を洗ってすすぐ時、タオルで水気を取る時に、肌をゴシゴシしないようにしています。

おかげで、肌荒れをすることが少なくなり「肌が綺麗だね。」と褒められることが増えました。

そこで今回は、「肌に触れる時の力加減」について詳しく解説します。

肌に触れる時のコツ

ご自身の顔を果物の「桃」とイメージし、桃の表面にある産毛を撫でるくらいの力加減です。

また、生まれたての赤ちゃんのほっぺを撫でるくらいの力加減で顔に触れてください。

  • 顔を洗う時
  • スキンケアする時
  • スポンジを使ってファンデーションをのせる時
  • ブラシを使ってフェイスパウダーやアイシャドウ・チーク・リップをのせる時

顔に触れる時は、いつも桃の表面の産毛を撫でるイメージで肌に触れてもらいたいです。

理由は、肌をゴシゴシ擦ってしまうと摩擦の影響で、肌のくすみや肌荒れの原因になってしまうからです。

また、ゴシゴシ擦った後、紫外線を浴びるとシミの原因にもなってしまうからです。

顔の肌と触れる手の間に、ご自身が吐く息をサンドイッチするイメージで肌に触れてみてください。

すぐ出来るコツですので、ぜひ今日から洗顔・スキンケア・メイクする時に意識してみてくださいね。

▼ 肌に触れる度、肌荒れしにくくなる顔のつくり方のコツはボタンをクリック▼