綺麗なメイクではなく、顔を綺麗にみせるメイク

とっても嬉しい出来事がありましたので、こちらでシェアさせていただきます。

登場人物は私とAさんとBさんの3人です。
Aさんは、日頃から顔美人の会の化粧品を使って呼吸洗顔とメイクを続けてくださっているお客様です。Aさんは、あるイベントに向けて事前に「メイクこれでいいかな?」とご自身でメイクされた顔の写真を送ってくださいました。
写真を受け取った私は、イベント当日のお洋服やアクセサリーの色を聞いて、Aさんの手元にある顔美人の会のメイクアイテムのどの色を顔のここに、こんな風にのせてください。っと返信しました。
イベント当日、Aさんは私がお伝えしたメッセージと手書きのイラストを参考に、ご自身でメイクされていました。

Aさんのお顔をで見た時に「バッチリ!」と嬉しくなりました。
綺麗なメイクではなく、顔を綺麗にみせるメイク を Aさんご自身がされていたことが、本当に嬉しかったのです!
本当に良かった。と安心していました。
3ヶ月経ったある日、Aさんが参加されたイベントに同席されていたBさんとお話しをする機会がありました。
Bさん:「この間のイベントでAさんに会った時、すごく綺麗だったよ。」
そんなに褒めてもらえて、私がメイクしたわけじゃないけど、嬉しい!笑
このやりとりをした後に、またまた思い出したのです。

プロのメイクさんにメイクをしてもらって綺麗になれるのもいいけど、普段から自分の顔を綺麗にみせるメイクをできる方が断然いい

女性が綺麗でいたいのはプロのメイクさんにメイクしてもらう特別な時だけじゃないですよね。
普段の生活の中で、彼氏さんやパートナーさん、ご主人に「綺麗だね。」って褒められることも嬉しいですね。

「綺麗だね。」と褒められるコツはこちら