コンシーラーの上手な使い方のコツ

まず、コンシーラーをのせる手順をお伝えします。

コンシーラーをのせる手順

  1. 化粧下地
  2. ファンデーション
  3. コンシーラー
  4. フェイスパウダー

コンシーラーをのせる箇所

次に、コンシーラーをのせる箇所をお伝えします。

  1. シミや目の下のクマなどカバーしたいところ
  2. 上まぶた
  3. 目の下の際
  4. こめかみ
  5. 眉の上
  6. コンシーラーをのせた箇所の周りに、うっすらコンシーラーをのせる。

その理由は、コンシーラーをのせた箇所と、そのまわりの皮膚のボリュームに一体感を出すため。

具体的な方法:クリームタイプのコンシーラーの使い方

  1. 容器から少量のコンシーラーを取り、一旦手の甲にのせる
  2. 手の甲のコンシーラーを薄く伸ばす
  3. 薄く伸ばしたコンシーラーを指を使ってカバーしたい箇所に「トントントン」と軽くのせる
  4. 新たにコンシーラーを指にとり、顔にのせたコンシーラーのまわりの皮膚とのボリューム感を合わせるようになじませる
  5. フェイスパウダーをコンシーラーをのせた箇所を一番はじめにのせてから顔全体にのせる

ぜひ、参考になさってみてください。