顔を美しくみせる眉のつくり方のコツ

顔を美しくみせる眉は、コツさえ身につければアイブロウペンシル1本で描くことができます。ご自身の顔のパーツの一つである眉の全体的な形を知ることで、カットも最小限に抑えることができます。

そのためのコツは、おおまかに5つです。

  1. ご自身で顔と眉のバランスを見れること。
  2. 要らない眉を1本1本、認識できること。
  3. 描く時は、アイブロウペンシルを使って点で描くこと
  4. ドローイングとカットを繰り返しながら仕上げること。
  5. 呼吸を意識する

顔を美しくみせる眉をつくる鏡の使い方のコツ

それは、顔全体が映る大きめの鏡と眉が映る手鏡の2つを使うことです。

  1. 顔全体を写せる手鏡。
  2. 顔全体と上半身を写せる大きな鏡。

眉しか写らない小さな鏡だけを使眉うと、主張の強く不自然な眉に仕上がります。
ご注意ください。

眉は顔のパーツの一つです。
を描くことに集中しすぎるの望ましくないです。
理由は、鏡に映る眉しか見ていないからです。
その結果、眉だけに集中しすぎると、主張の強い眉が完成します。

「眉のゴールデンプロポーション」と呼ばれる理想の眉の形もあります。
一人一人の顔の特徴にあわせ、ゴールデンプロポーションを参考にカットをしたり描くことが大切です。

眉は、瞳の上にあります。
色も黒や黒に近い色です。
とても存在感があります。

日本人女性の瞳の色は、黒だけではなくて茶色の方もいらっしゃいます。
色素の薄い方だとグレーの方もいらっしゃいます。
目周りに主張の強い眉があると、眉だけが目立ってしまいます。

眉だけを見て描くと、左右の眉を交互に確認することが難しいです。
手鏡で眉をカットしたり描いたら、ドレッサーのような顔全体が映る鏡で顔全体の中での眉を確認することをおすすめします。 

主張が強くみえる眉の原因

眉1本1本は黒なので毛先が重なったところは、眉全体の中で濃く見えます。
そのままの状態で眉を描き続けると、毛先が重なった濃く見えるところを意識してしまいます。
毛先が重なって濃く見えるところを基準に描くことで、必要以上に濃い主張の強い眉に仕上がります。

顔を美しくみせる眉のカットと描き方のコツはこちら