顔がベタベタにならない化粧水・乳液・クリームをつけるタイミング

それは、化粧水を顔全体になじませ、両手の手のひらと指先と使い顔全体を1〜2分ほど覆ってからです。
両手の指先とひらを使い、化粧水が蒸発しないように額・左右の頬の正面・側面、両まぶた、下あごをそれぞれ覆います。

両手で覆うことなくすぐ乳液やクリームを肌にのせると、顔全体がベタベタする原因になります。

  • 化粧水を顔全体になじませる
  • 両手の指先と手のひらを使い、顔全体を覆う
  • 両手で顔全体を覆った状態で1〜2分待つ
  • 乳液を顔全体になじませる
  • 両手で顔全体を覆った状態で1〜2分待つ
  • クリームを特に乾燥が気になる箇所になじませる
    *鼻周りは皮脂の分泌が多い箇所ですので、クリームは付けなくても大丈夫です。
    つけるとしたら、一番最後に手に残ったクリームをなじませることをおすすめします。

ぜひ、参考になさってみてください。