顔の乾燥が酷い時の対処法

この記事を読んだ後に、すぐできる対処法を紹介いたします。

  1. 洗浄力が強すぎる洗顔料を使っているのであれば使うのをやめる
  2. すすぎの時は、冷たい水ですすぐ
  3. 化粧水の量を増やす

先日、お客様からこのようなご相談をいただきました。

「顔の乾燥が酷いんです!
顔美人の会さんのところの化粧水は、わりとサッパリしてましたよね?!
余計につっぱって乾燥しませんか?」

だんだん気温が下がり空気も乾燥してきました。
洗顔後やお風呂上がりに、顔だけでなく腕や脚なぞの全身が乾燥して痒くなる時に、すぐに出来る対処法が先ほど紹介した3点です。

詳しく解説します。

洗浄力の強すぎる洗顔料を使っているのであれば、使うのをやめる

乾燥が気になる時の一番の見直しポイントは、洗浄力が強いかどうかの判断の目安は、洗顔後、肌がつっぱるかどうかです。
洗い上がりに、口周りや目の周りがピキピキする感じがするのであれば、使っている洗顔料の洗浄力が強すぎるかもしれません。
このような洗顔料を使い続けると、どんなに保湿効果がある美容液やクリームを使っていても肌は乾燥します。
また、肌のごわつきの原因にもなります。
特に、石鹸を使った洗顔は、肌の水分と脂分を洗い流しますのでご注意ください。

すすぎの時は、冷たい水 もしくは ぬるめのお湯ですすぐ

今の寒い時期は、冷たい水ですすぐのも気が引けます。
そんな時は、手首にあてた時に少し温かさを感じるくらいのぬるめのお湯ですすぐことをおすすめします。

化粧水の量を増やす

化粧水を8プッシュ分、4回に分けてのせる使い方をおすすめしています。
8プッシュ分の化粧水を4回に分けて顔全体にのせると、化粧水だけでも保湿効果を感じられます。

もし、それでも乾燥が気になる時は、美容液・クリームを併せてお手入れに使うこともおすすめします。

これで、乾燥が気になる今の時期も、つっぱり知らずです。
ぜひ、参考になさってみてください。

顔の乾燥が気になる時のコツはこちら