顔美人の会|世田谷区経堂にあるエステサロン

毛穴の黒ずみを綺麗に維持するクレンジングオイルを使った洗顔のポイント【乳化】のコツ

毛穴の黒ずみを鏡で見た時は、とても気になりますよね。

気になる毛穴の黒ずみが気になるけれど、どうお手入れしたらいいのか分からない方のお悩みを解決する方法をお伝えします。

今回の記事では、毛穴の黒ずみを日々の洗顔で綺麗にするクレンジングオイルを使った洗顔のコツをお伝えします。

毛穴の黒ずみの原因と対処法

毛穴の黒ずみの原因は毎日分泌される皮脂が空気に触れて酸化し黒くなることです。

毛穴の奥まで詰まった皮脂を、日々のクレンジングオイルを使った洗顔をすることで肌に負担なくやさしく取り除くことが大切です。

その理由は、毛穴の黒ずみの原因である皮脂は、脂です。

皮脂は石鹸や洗顔フォームを使った洗顔では取り除くことができません。

なぜなら、肌表面の汚れを洗い流せても毛穴の奥まで詰まった皮脂を取り除くことができないからです。

一方、クレンジングオイルは肌表面はもちろん毛穴の奥まで拡がるので毛穴ケアにおすすめです。

洗顔で取り除く汚れは2種類

肌を清潔に保つために、洗顔で洗い流す汚れは2種類あります。

  1. 水性の汚れ:汗やちりなど水で洗い流せる汚れ
  2. 油性の汚れ:皮脂やファンデーションなどの油性の汚れ

この2種類の汚れを1度の洗顔で洗い流すことができるのが、クレンジングオイルを使った洗顔です。

2種類の汚れを1度の洗顔で取り除くことができる理由

 

毛穴の黒ずみの原因である皮脂は、脂性の汚れです。

クレンジングオイルは、脂性の皮脂とよくなじみます。

肌の表面だけでなく毛穴の奥まで拡がるクレンジングオイルは、皮脂を丸ごと包み込みます。

そして、少量の水を回数を分けてクレンジングオイルとなじませることで毛穴の奥まで詰まった皮脂も、肌表面に残った汗やちりなどの汚れも一緒に洗い流すことができるのです。

クレンジングオイルを使った洗顔にダブル洗顔が要らない理由

 

2種類の汚れをクレンジングオイルを使った1度の洗顔で、肌に負担が少なく取り除くコツがあります。

それは、乳化です。

乳化とは、クレンジングオイルと水をなじませることです。

乳化を上手くするコツは、少量の水を回数多くクレンジングオイルとなじませること。

乾いた肌の上にのせたクレンジングオイルに大量の水をなじませて流しても、上手く乳化はできません。

肌にクレンジングオイルの成分が残り、紫外線や乾燥などの刺激で肌荒れの原因になルコともあります。

写真を用いて乳化についてお伝えします。

毛穴の黒ずみを綺麗に維持するクレンジングオイルを使った洗顔の乳化の方法

 

1.
手と顔が乾いている状態で、クレンジングオイルをのせてください。

*手や顔が濡れていると、クレンジングオイルをのせた時に乳化が始まってしまい上手くクレンジングオイルと水が馴染まないため。

2.
人差し指・中指・薬指の3本の第一関節に水をつけます。

クレンジングオイルと水をなじませます。

人差し指・中指・薬指の3本の第一関節に水をつける。+ クレンジングオイルと水をなじませる。を3回繰り返します。

3.
流水でよくすすいだら終了です。

石鹸などを使ったダブル洗顔をする必要はありません。

乳化のポイント

 

水の量は少なめ + クレンジングオイルと水をなじませる回数は多く!

顔を各パーツ(額・頬の正面・頬の側面・鼻・口周り・顎の骨・上まぶた・下まぶた・こめかみ)をそれぞれ3〜4回に分けて、両手3本指(人差し指、中指、薬指)の指先(第1関節)に水をつけて、クレンジングオイルとなじませます。

*額は他の箇所に比べて熱がこもりやすく、乳化が進みづらいので水とクレンジングオイルなじませる回数は4回をおすすめします。

「乳化スタート」

額は、水とクレンジングオイルなじませる回数は4回。

頬の正面・頬の側面・鼻・口周り・顎の骨・上まぶた・下まぶた・こめかみは、水とクレンジングオイルなじませる回数は3回。

顔全体の乳化が出来たら、流水ですすぎの仕上げをしてください。

*この時、額の生え際、こめかみ=耳の前、顎の骨の内側は特にしっかり流してください。

まとめ

クレンジングオイルを使った洗顔をすることで、毛穴の中に残った皮脂を取り除くことができます。

 

この洗顔を続けることで、メイク崩れを防ぐことも期待できます。

 

また、皮脂の分泌が多い男性や成長期のお子様にもにもクレンジングオイルを使った洗顔をおすすめしています。

 

クレンジングオイルを使った洗顔は、乳化をしっかり行うことでメイクオフと洗顔を1度で済ませることができます。

 

石鹸や洗顔フォームなどを使ったダブル洗顔が不要なので、肌の乾燥を防ぐこともできます。

 

また、肌表面に残った古い角質を負担なく取り除くことができるので、肌のごわつきを防ぐことも期待できます。

 

クレンジングオイルを使った洗顔のコツである【乳化】をしっかり行う洗顔は、肌の悩みの多くを解消することができる洗顔法です。

 

ぜひ、日々のクレンジングオイルを使った洗顔で、毛穴の目立たない肌を育てる楽しさを実感してくださいね。

ご予約はこちら