表情をつくる原因

それは、顔に入ってしまった力です。
私たちは1日中、いろいろな表情を繰り返しています。 
性格上、ひとつの感情に支配されることが多いと、その力の入れ方がクセになり顔の特徴となっていきます。
顔に入ってしまった顔の力をとるために、毎日の洗顔とスキンケア・メイクをする時の顔の触り方や手の動かし方を変えます。

顔分析®︎では、顔を心理状態によって6つの顔に分けます。
これを「顔心理分析の六心力顔」といいます。

何かに集中すると、私たちは意識しなくても顔の中心に力を入れています。

その時の表情は「内心力顔:ないしんりきがん」

リラックスしている時は、顔の力は外に向かっているので「外心力顔:がいしんりきがん」になっているはずです。

 頭で考えごとや計算していると、力は額に集まって「上心力顔:じょうしんりきがん」になります。 

また、歯を食いしばって我慢する時は「下心力顔:かしんりきがん」

パッと喜んだり怒ったりする瞬間的な感情は「上方心力顔:じょうほうしんりきがん」を作ります。

悲しい時の人の顔は「下方心力顔:かほうしんりきがん」になっています。 

これらの表情を私たちは1日中、繰り返しています。 
性格上、ひとつの感情に支配されることが多いと、その力の入れ方がクセになり顔の特徴となっていきます。

 短気な人が普段も起こっているように見える原因は、顔に入った力です。 
顔に入ってしまった顔に入った力をとることが調和のとれた顔へ近づきます。

心顔:しんがん

心顔:しんがん とは、自分の胸の中にある顔のことです。
顔を綺麗にするには、胸の中にあるもう一つの心顔:しんがん を育てることが大切です。
その心顔を育てるコツは、呼吸。
心顔の口で息を吐き、心顔の鼻で息を吸う。
心顔の口と鼻を使った呼吸を意識すると、顔だけで呼吸するのに比べて深くしっかりと息を吐き、吸い込むことができます。

しっかり呼吸を吐いて吸うを繰り返す呼吸洗顔の効果

胸の中にあるもう一つの顔:心顔(しんがん)を意識し、しっかり呼吸を吐いて吸うを繰り替える呼吸洗顔の効果は下記になります。

  • 血行が良くなる
  • 唇の色が改善
  • 安眠効果も期待できる
  • 肌の再生機能を促進

また、イチゴ鼻や毛穴の黒ずみや肌のごわつきを解消するクレンジングオイルを使った洗顔を続けると、綺麗な毛穴を維持することも可能です。

顔の美しさは目が大きい、とか、鼻が低いなどの造形ではないと思っています。
顔の美しさは、表情が影響してくることが多いように感じています。
綺麗な人なんだけど、どこか寂しげだったり、不機嫌そうだったり。
そんな印象を持つこと、ありませんか?

この原因は、寂しさや怒り・我慢といった感情を溜め込んでいるからです。
自分の中に出てくる感情に良いも悪いもなくて、ただそう感じてしまうもの。
ないものにしないで、ただその感情を感じながら呼吸に集中すること。

  • 顔を洗うとき
  • スキンケアするとき
  • メイクするとき

顔に触れる時はいつも心顔を意識して、しっかり呼吸を吐いて吸うこと。
これを毎日少しずつでも続けると感情は身体の中に残らないし、顔の表情も自然になります。

顔美人の会がお伝えしているコツは、顔を美しくするためのものです。
日々の生活の中で、呼吸をもって心顔を育てることが、美しさが内側から外側へ現れる美容法です。

内側から外側へ美しさが現れるコツはこちら