ご質問をいただきました。

アトピー、乾燥肌です。
おすすめのスキンケア、 日焼け止めはありますか?
顔が赤くなって痒みがあります。
乾燥で粉がふくというより 皮がむけています。

乾燥を防ぎ、皮膚のバリア機能を正常に保つスキンケアは、症状の改善と悪化を繰り返すことがあります。

症状が重い時だけでなく、軽い時もスキンケアを行うことが大切です。

スキンケアの基本は、清潔な皮膚を保つための入浴と、皮膚のうるおいを保つための保湿です。

この2つを正しく行い、肌のバリア機能をしっかりと保持することが大切です、

正しいスキンケアの方法

入浴すると、皮膚の油分が洗い流されます。

そのため何もしない状態でいると、すぐに皮膚が乾燥してしまいます。

入浴後5分以内に保湿剤を塗りましょう。

保湿剤は擦らず、やさしく手のひらで広げます。

関節やシワがある部分は、皮膚を伸ばして塗ります。

目や耳の周りも忘れずに塗りましょう。

アトピー性皮膚炎の症状がある時はもちろん、症状がない時も日常的に保湿することが大切です。

肌はバリア機能が大切

バリア機能とは、「皮膚を守るためのバリア」機能を意味します。

美しい肌を保つためには、「バリア機能が良好な状態であること」が大切です。

そのサポートのためにスキンケア化粧品があります。

バリア機能を理解すると、お手入れのポイントが見えてきます。

バリア機能の要

肌のバリア機能の要は、「細胞間脂質:さいぼうかんししつ」です。

細胞間脂質は水分を抱え込み、蒸発させないようにする力を持っています。

この水分を抱え込み蒸発させないようにする力を「水分保持機能:すいぶんほじきのう」といい、「うるおいを保つ力」を意味しています。

水分保持能は主にセラミド

細胞間脂質の約50%を占めているのが、セラミド と呼ばれる成分です。

つまり、水分保持能は、主に細胞間脂質にあるセラミドの量によって決まります。

これは個人差があります。

セラミドが十分にある肌は、水分を抱え込み蒸発させない状態を長い間保つことができます。

化粧品の役割

年齢を重ねるにつれて、肌のバリア機能の状態を良好に保つのが段々と難しくなります。

このバリア機能の状態を良好に保つサポートをするのが化粧品の役割です。

私たちの肌は、バリア機能をサポートするお手入れとして「水」「保湿成分」「エモリエント成分」の全てが必要になります。

  • 化粧水は、保湿成分を主成分としています。
  • 乳液は、保湿成分とエモリエント成分を配合し、両方の働きを兼ね備えています。
  • クリームは、エモリエント成分の機能を高く持つアイテムとなっています。

症状が改善された状態でご使用になるのであれば、ハーベック HAVCシリーズとフィトクレンジングオイルとディープシーモイスチャーローション をおすすめします。

 
名称 ハーベック 
クリア セラム(美容液)
ハーベック 
モイスチャークリーム
保湿クリーム
ハーベック 
リッチクリーム
高機能クリーム
使い方 ご使用目安:3プッシュ
化粧水で肌を整えた後、手の平に取り、顔全体にやさしくなじませます。
ご使用目安:付属のスプーン1.5杯
化粧水・セラムで肌を整えた後、手の平に取り、顔全体にやさしくなじませます。
ご使用目安:付属のスプーン1.5杯
化粧水・セラムで肌を整えた後、手の平に取り、顔全体にやさしくなじませます。
容量 30ml
約1.5ヶ月分
(朝・夜使用)
50g
約2ヶ月分
(朝・夜使用)
50g
約2ヶ月分
(朝・夜使用)
価格
(税込)
8,250円 7,150円 7,700円
 
名称 UVクリアーミルク50 UVカラー
ベース50
アイボリー
クリスタル
カラーベース 
ピンクパール
このような
お悩みの方におすすめ
顔だけでなく全身に。
お子様もお使いいただけます。
肌の赤みが気になる方 肌のくすみが
気になる方
容量 30ml 28ml 25ml
価格
(税込)
3,080円 3,850円 3,850円

化粧品は医薬品ではありませんので、ご使用になればアトピーの症状が改善される保証はできかねます。

発疹が出ている場合は皮膚科を受診し、お医者さんの指示を。