クレンジングオイルは、お肌の負担になるでしょ?

ご質問を頂きましたのでシェアします。

クレンジングオイルは、肌の負担になる?

 

1960年代、故 植村 秀 氏がハリウッドからアンマスク(クレンジングオイル)を日本へ持ち帰りました。
それまでの日本ではメイクオフする時、石油が原料のコールドクリームで拭き取っていました。
でも、これは摩擦もあり肌に負担をかけます。

一方、オイルは浸透性がとても良く、擦ることなく皮脂、メイクを優しく取り去ることが出来ます。
また、上質なオイルは毎日使うことで、肌質も改善されます。
(例:乾燥肌の改善、肌のくすみがなくなる、肌の透明感が増す…etc)

ですが、一般的に見られるオイル状のクレンジング剤の成分は様々です。
原材料が台所用洗剤に使われているものとほぼ変わらなく、香料を加えたものも多くあります。
そういったもので、毎日朝晩 顔を洗うことで、お肌が荒れてしまうこともあるでしょう。

一般的に見られるオイル状のクレンジング剤は、たくさんあります。
オイル状のクレンジング剤に使われているミネラルオイル(=界面活性剤)によって、化粧品自体を落とすことはできます。
➡︎ぬれた手で使えるもの。
でも、それだと一緒にお肌に必要な水分までも取り去ってしまうのです。

「オイルを使うと、肌乾燥しちゃうでしょ?」の理由です。

界面活性剤を多く使ったクレンジング剤で毎日洗顔していたら、角質間の必要な水分も取り除いてしまいます。

 

長期間、使い続けることで、角質が薄くなる。
肌に必要な水分を保持できなくなり、乾燥する。
刺激に過敏になり、肌がきしむ。

などの原因になりえます。

例えるなら、台所用洗剤で毎日、洗顔してるイメージです^^;
続けていたら、こ、こわいですね・・・。
お顔に直接使うものだからこそ、安心できるものがいいですね。
当サロンで使用しているオイルを使ったあと、つっぱる感じがなくしっとりした感じに驚かれるお客様がとても多いです。

このオイルを使い10分間 顔をマッサージすることもできるのも安心できる目安です^^
オイルでマッサージをしながら、汚れを取り除くイメージです。

痛くない やさしいフェイシャルエステで眠っている間に美肌が叶うキャンペーンはこちらをご覧ください。

 

関連記事

  1. リキッドファンデーション、クリームファンデーションが使いこな…

  2. 目の周りのたるみや、くっきり出来てしまったほうれい線、おでこ…

  3. 化粧のりがよくないくて、あまり化粧が好きではないあなたへオス…