出産後にできるシミのケアについて

ご質問をいただきましたので、こちらでシェアさせていただきます。

産後のシミが出来やすくなる原因


産後にシミができやすくなる原因の一つには、女性ホルモンの活性化が影響していると言われています。

妊娠すると「プロゲステロン」という黄体ホルモンの分泌が増えます。

「プロゲステロン」が表皮基底層のメラニン生成細胞を刺激するためシミを引き起こすメラニンという色素が増えてしまい、肌にシミができやすくなるそうです。

また、別の要因として「ホルモンバランス」の乱れも挙げられます。

妊娠・出産の時期はホルモンが乱れやすいため、過剰に皮脂が分泌されたり肌荒れがしやすい状態になります。

産後のシミの対処法


産後のシミはホルモンバランスが整えば、自然と薄くなる場合が多いです。

休息をしっかりととり、あまり気にしすぎずに過ごすことも大切です。

ただし、積極的なケアが必要なシミもありますので皮膚科を受診し、お医者さんの指示を。

関連記事

  1. スポンジは、どのくらいの頻度で洗えばいい?

  2. 肌のくすみの原因を改善する方法

  3. 美しい肌を保つための乾燥対策のケアのコツ

  4. 朝やメイクをしていない時の洗顔もクレンジングオイルを使います…

  5. 若々しくみえるベイスメイクの作り方のコツ!

  6. マスク着用による肌荒れが気になる時の対処法