新型コロナウィルス・花粉症の影響大 皮膚科専門医に聞く”マスク着用による肌トラブルと対策”

「皮膚科専門医に聞く!マスク着用による肌トラブルの傾向と原因・対処法」

 

女性専門皮膚科クリニック 赤須医院 医院長 赤須玲子先生
時々ドットコムニュース https://www.jiji.com

 

肌荒れ

 

マスクのかぶれで口周りが赤くただれて粉をふくことがあります。

軽度のかゆみがあり、集めのお湯で洗顔するとヒリヒリと刺激が現れます。

「かぶれない素材のマスクを選ぶ」ことが基本ですが、炎症を伴っている場合には、

「保冷剤などで冷やし、たっぷりの保湿剤を使用する」ことをお勧めします。

かぶれにはもう一つ、マスクに付着した花粉やホコリ、汚れが肌の刺激になることがあります。

まずは洗顔をしっかりして肌を清潔に保つことが大切です。

 

乾燥

 

洗顔度に直にマスクを着用していると、一時的にうるおった感じになり、保湿のスキンケアがおざなりになりがちに。

また、マスクを外した直後は肌表面の水分が蒸発するので乾燥が進行してしまいます。

肌が乾燥するとはよう面のバリア機能が低下して最近やウィルスの侵入が容易になります。

肌の乾燥を防ぐためには、保湿のケアが大切。

また、マスクによる肌荒れが続くと、与えて護る保湿のケアに集中するあまり、クレンジングや洗顔の”落とすケア”は見落としがちに。

毛穴に詰まった汚れが落としきれていないと、そこからさらに肌荒れを引き起こすことにもなり兼ねません。

帰宅してマスクをはずしたら、丁寧に落とすケア行いましょう。

その際に、ゴシゴシと肌をこするのはNG。

肌への負担が少ないクレンジング剤や洗顔料を選ぶと良いでしょう。

 

関連記事

  1. お休みの日も疲れすぎちゃって、リフレッシュしたくても動きたく…

  2. コリや疲れの原因となり、様々な不調の元をケアするコツはこちら…

  3. 新型コロナウィルスにビジネスパーソンはどう向き合えばいいのか…