リキッド・クリームファンデーションを上手く使いこなすコツ

ご質問をいただきました。

 

毎日ナチュラルメイク程度にしますし、年齢も40代後半で超乾燥肌です。

よく目にするのが30代過ぎたあたりからはリキッドかクリームがいいと聞きます。

何度かよさそうなものを試しましたが、上手にぬれず、ついパフでぬるのが手軽なコンパクトに入ったものばかりです。

しわやたるみもあるのでのばそうとしてもやりにくいですし均一にぬれません。

その時よくても、お昼ごろ見るとつけすぎていたり変です。

メイク前の基礎は保湿など充分にやっているつもりです。

手で伸ばす、スポンジで伸ばす、、、、どれも苦手です。

どれがいいのでしょうか。

上手につけるコツありますか。

またこの年齢にあった伸びがよくある程度のカバー力があり乾燥肌にも向いている商品があったら、教えてください。

ご質問ありがとうございます。

いただいたご質問の内容を整理しますね^^

・お肌の乾燥が気になる。
・シワやシミが気になる。
・ファンデーションをキレイに仕上げるコツを知りたい。
・伸びがよく、ある程度カバー力がある乾燥肌に向いている商品を知りたい。

 

肌の乾燥の対処法について

 

肌の乾燥が気になる時は、ぜひ洗顔料を見直してみてください。

どんなに高額な美容液やクリームを使ってお手入れをしても、洗浄力が強すぎる洗顔料を使って洗顔していたら元も子もありません^^;

私が、お客様にオススメしている洗顔料はクレンジングオイルです。

クレンジングオイルは、肌の負担になるでしょ?と思われるかもしれませんが、内容成分が植物由来の肌にやさしいものでしたら安心して毎日使うことができます。

 

合わせて読みたい

また、クレンジングオイルを使って洗顔したあとに石鹸でW洗顔することも不要です。

これは、クレンジングオイルを使って洗顔する時に、乳化 という工程をしっかりすることで、クレンジングオイルを使ったヌルヌル感がなく、しっとりした洗い上がりになるからです。

石鹸を使ったW洗顔をすることで、肌に残っておいてほしい水分も蒸発してしまうので、ますます肌が乾燥します。

クレンジングオイルの正しい使い方で、毎日朝と晩、洗顔を続けることで、肌の乾燥は改善することが期待できます。

シワの対処法

できてしまったシワやシミを、メイクでカバーするのには限界があります。

シワは、お顔に触れる日頃の洗顔とスキンケア・メイクの時間、お顔に触れる力加減や手の動かす方向性を少し改善することで、薄くすることが期待できます。

おでこにシワができているとしたら、きっと、眉間にシワができているでしょう。

目を大きく見せたくて、不自然な表情になっているかもしれません。

年齢を感じさせる ほうれい線が、くっきりできてしまっているかもしれません。

これらの多くは、毎日行う洗顔・スキンケア・メイクの時間の、お顔に触れる力加減や手の動かす方向性を少し改善することで、薄くすることが期待できますよ^^

シミの対処法

シミをカバーするのは、カバー力のあるファンデーションやコンシーラーを使うことで効果が期待できますが、ちょっとしたコツが必要になります。

ファンデーションをキレイに仕上げるコツは、こちらの記事をご覧ください。

合わせて読みたい

 

伸びがよく、ある程度カバー力がある乾燥肌にむいている商品

当店が取り扱う商品でオススメのファンデーションがございますので、紹介させていただきます。

こちらのリキッドファンデーションは乳液のような形状です。

乳液状ですが、拡がった毛穴やくすみもキレイにカバーするファンデーションです。

また、乳液状ですので化粧下地をファンデーションをのせる前にお使いいただくことをオススメいたします。

 

メイク崩れを防ぐコツ

メイク崩れしないようにするために必要なメイクでできる対処法は、次の通りです。

・洗顔、スキンケアでしっかり保湿をし、肌を守る「皮脂膜」(水分 + 油分) をつくり素肌の状態を整える。

・化粧下地(粉分 + 油分)を使う。

・ファンデーション「特に、リキッドファンデーション(油分 + 水分 )」を使う。

・ファンデーションの後に、メイク崩れを防ぐフェイスパウダー = お粉 (粉分)を使う。

ファンデーションのつきをよくするために、粉分を含んだ化粧下地をお使いいただくこと、また、ファンデーションをのせた後フェイスパイダーをのせることもオススメいたします。

ベイスメイクは、顔の面積の多くを占める肌を美しく整える目的があります。

肌が綺麗に見えると、それだけで顔が綺麗に見えます^^

メイク崩れを防ぐためのコツのまとめ

 

・洗顔で、毛穴に詰まった皮脂を取り除く。

・スキンケアでしっかり保湿をし、肌を守る「皮脂膜」をつくり素肌の状態を整える。

・ファンデーションをのせる前に(特に、リキッドファンデーション)、化粧下地(油分 + 粉分)を使う。

・ファンデーションの後に、メイク崩れを防ぐフェイスパウダー = お粉 (粉分)を使う。

顔の多くを占める肌を美しくみせるベースメイクをすることで、より自然で健康的な表情の土台をつくることができます。

他のアイメイクやチーク・リップなどは、お顔が綺麗にみえる色を楽しめたらいいですね。

・肌の表面 = 皮脂膜 : 水分 + 油分

・化粧下地 = 油分 + 粉分

・ファンデーション =  油分 + 粉分

・フェイスパウダー = 粉分

・アイシャドウ・眉メイク・チーク = 粉分(クリームタイプを使う時は、この順序とは限りません^^)

お一人お一人、肌の状態や日頃のお手入れ方法、お困りの内容、こうしたいというご希望が異なると思います^^

当サロンでは、あなたがお悩み、こうしたいというご希望を詳しく教えていただいた上で、改善が期待できるメニューを提案させていただいています。

初めてのサロンは、とっても緊張しますよね。

化粧品を買わないと帰れないんじゃないか?という不安もあるかと思います。

ご心配は不要です。

ご質問には、できるだけ専門用語を使わず小学生が聞いても分かる内容でおこたえするよう心がげています^^

安心して、お越しくださいね♡

 

あなたの「キレイになりたい♡」を叶えるコツはこちらでお伝えしています^^

関連記事

  1. 肌のくすみの原因を改善する方法

  2. 若々しくみえるベイスメイクの作り方のコツ!

  3. 出産後にできるシミのケアについて

  4. マスク着用による肌荒れが気になる時の対処法

  5. 目の周りのたるみ・ほうれい線・おでこのシワのセルフケアについ…

  6. スポンジは、どのくらいの頻度で洗えばいい?

ご予約可能日のご案内

2020年 11月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

ご予約可能

オンラインショップ